chinorandom

いろいろ記録帖

小樽を流れる歴史と、余市の小さなスコットランド|北海道ひとり旅・後編

 こちらは前回の記事の続きになります。札幌市内(旧本庁舎、豊平館、ビール博物館など)を散策した時の記録は、以下をご覧ください。

ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー

f:id:chinohirose:20181018202920j:plain

余市蒸留所

  NHKの連続テレビ小説「マッサン」を視聴していた、もしくはその名を小耳に挟んだことがある――という人は一体どのくらいいるだろうか。その物語のモデルとなった人物にとても縁の深い場所が、札幌から北西の方角にある小さな町に今でも残っている。

 余市へと足を運ぶことを決めたのは、そこにニッカウヰスキー株式会社の蒸留所があるためであった。ここでは予約制の見学ツアーが無料で行われている(自由見学もできるが、その場合一部入れない場所もある)。現役で稼働している設備の一部を間近で見ることができるほか、創業当初に使用されていたポットスチル(単式蒸留器)も展示されているなど、非常に興味深いところなのだ。

 JR線を使って札幌から余市へと出るには、小樽での乗り換えが必要になる場合が多い。問題は、そこからの電車の運行本数が1時間に1~2本と非常に少ないこと。訪れる際には事前にしっかりと予定を立てておかないと、ツアーを予約している場合はその時間に間に合わなくなるかもしれないし、もっと深刻なのは(特に札幌近辺に宿泊している場合)夜に帰りの電車が無くなってしまうような場合だ。滅多にないとは思うが、少し気を付けておきたい。

参考サイト:

www.city.otaru.lg.jp(小樽市公式ホームページ)

otaru.gr.jp(小樽観光協会公式サイト)

www.nikka.com/distilleries/yoichi(余市蒸留所のページ)

www.town.yoichi.hokkaido.jp/index.html(余市町ホームページ)

f:id:chinohirose:20181018202402j:plain

手宮線跡の一部

 ちなみにこの日の朝ごはんは、行きしなに購入した北海道の駅弁「石狩鮭めし」。出だしから随分と贅沢なものを食べてしまった…と思いましたが後悔は全くしていません。さけフレークといくらの組み合わせは至福。閑話休題。

 ということで、ここでは札幌からの目的地である余市と、途中下車して散歩をした小樽について書いていく。車窓からの風景を撮った写真はないが、ときおり垣間見える静謐な灰色の海がとても美しかったことをよく覚えている。

小樽

 かつてはアイヌ語に由来する音で呼ばれていたこの地が、現在のように「小樽」と称されるに至ったのは1869年の頃であると記録されている。これはちょうど幕府が蝦夷(いまの北海道)に開拓使を派遣・設置した年のことだ。それから小樽の町は立地を生かして海の玄関として発展していったが、その過程で造られたのが、後にこの項で述べる「小樽運河」や、日本で3番目にできた鉄道「手宮線」である。

f:id:chinohirose:20181026165257j:plain

廃線跡を利用した遊歩道

 ところで、この地の名をきいてまず私の脳裏に浮かぶのは、北海道出身の作家である三浦綾子が著した小説《氷点》のことだ。美しいが複雑な状況のもとに生まれた少女「陽子」は養子としてとある家族に育てられることとなったが、その実母の住まいがここ、小樽にある。加えて野田サトル氏の漫画《ゴールデンカムイ》でも、特に物語の前半でこの場所が繰り返し登場している。

 上記の作品で描かれた情景を胸に、実際に夏の終わりの日中にこの地を歩いてみて、思ったことがある。ここに来るなら絶対に冬、そして日没の頃だ、と。それは、夏の小樽の風景が退屈だったという意味では決してない。ただ、雪と夜の闇に包まれたこの町があまりに美しすぎるので、自然とそう感じた。

小樽の概要:小樽を知る|おたるぽーたる

  • 手宮線跡

 札幌からの電車を下り、小樽駅の正面からまっすぐに坂を下る。目指すのは運河の方角だ。道を歩いている途中でとある廃線の跡をみることができるが、それが前述した手宮線の名残で、現在はその大部分が遊歩道として自由に散策できるよう整備されている。私は事前知識なしにこの場所を訪れたので、突然道路を横切るようにして現れた線路の跡に少し驚いた。

f:id:chinohirose:20181018202235j:plain

 この路線は、もともと北海道開拓にあたって開通した、幌内鉄道と呼ばれた路線の一部であった。やがて鉄道が国有化されてからは、小樽駅から手宮駅までの区間を特に手宮線と称すようになる。主な運搬物は開拓物資だったが、道路の整備が進み車が多く使われるようになった結果、利用客の大幅な減少によって1985年にその役割を終えたのだ。当時の転車台や車庫に関する資料は小樽市総合博物館にも展示されているので、興味のある方はぜひ足を運んでみるといいと思う。

 また、線路を辿って歩いていくと、小さな駅の痕跡も見つけられる。ここは色内駅で、かつては旅客専用――つまり貨物ではなく人間の乗降りのために設置されたホームだった。旅客路線が廃止されたのは、貨物船よりも少し早い、1962年であったとのこと。

 ここも町自体と同じく、四季によって多様な姿を見せてくれる場所である。春や夏なら草木の色彩が美しいし、秋なら赤茶色の線路の錆と地面が呼応して寂寥感を誘う。冬の夜に開催される光の祭は幻想的で、過去にここを通っていた車両や往来の人々の影をろうそくが映し出しているかのような、そんな印象を与えてくるようだ。改めて、私の訪問時に空が青く澄んでいたことを本当に嬉しく思う。

  • 小樽運河

f:id:chinohirose:20181018202102j:plain

 立ち並ぶ倉庫とガス灯を映す水面。小樽運河では、昼と夜それぞれの時間ごとにクルーズも楽しむことができる。特にこの周辺に宿泊する予定なら、移り変わってゆく運河沿いの景色を、実際にのんびりと眺めていたいものだ。

 小樽はその立地から、長く海の玄関口としてその門を開いてきた。そこで港からの貨物をより効果的に運搬するために、荷揚げする台船が接岸できる距離を長くすることを意図して造られたのが、この小樽運河なのである。形が湾曲しているのは元の地形を元に埋め立てを行ったためだ。やがて小樽港に埠頭ができ、運河が使われなくなってからはその半分ほどが歩道として整備され、現在のような姿になったという。

 当時のままで残っている倉庫群は見ているだけでも楽しいが、内部を改装して飲食店やその他のお店へと生まれ変わらせているものもあり、脈々と受け継がれる歴史を感じられる。橋の近くで楽器の演奏をしている人がいる日もあり、そんな時は足を止めて海からの風を感じるのも一興だと思う。

 さて、時間が迫ってきたので駅へと戻ろうか。次に向かうのは余市。ウイスキーに情熱を抱いた、ある一人の人間が見出した土地だ。

余市

f:id:chinohirose:20181018204445j:plain

駅前

 小樽駅から電車を乗り換える際に留意すべきなのは、余市の駅にはICカードを読み取ることのできる改札が無いということだ。そもそも改札自体が存在しない有人駅である。なのでここからは、紙の切符を買って行くことをおすすめする。

 余市ではニシン漁が盛んな時期があったが、それと並行して、かつての開拓使が持ち込んだ果物の苗の栽培が農家の間で行われるようになったそうだ。ちなみに後から知ったことだが、小中学校の生徒がよく踊っているあの「ソーラン節」の発祥はこの周辺地域であるといわれている。現在ニシン漁は廃れているが、未だに他の海産物、例えばカレイやエビ等を豊かに得られる土地であるのだという。

 また、北海道の中でも比較的温暖な気候の余市には、古くから人間が居住していた痕跡が多く残っている。例えば西崎山環状列石のようなストーンサークルや、フゴッペ洞窟といった縄文時代の史跡などだ。特にフゴッペ洞窟内に残されている壁画には謎が多く、日本国内でも類を見ない非常に珍しいものとなっている。一時期はその価値や真贋に疑問があるとされ、半ば放置された結果、保存状態が非常に悪くなっていた時期があるのは残念なことだ。しかしながら、今では各地から人々の訪れるスポットとなっている。

余市の概要:まちの紹介|北海道­余市町ホー­ムページ

  • ニッカウヰスキー余市蒸留所

f:id:chinohirose:20181018202835j:plain

正門

 駅からわずか徒歩3分程度、電車を降りて真っ直ぐに進めば、そこはもう余市蒸留所の正面玄関だ。その門構えもさることながら、敷地内へ一歩足を踏み入れた時には爽やかな感動が訪問者を迎えてくれる。石造りの建物やところどころに植えられた木々の種類は、まるでここが何処か別の国であるかのような、そんな印象をこちらに抱かせるものだった。

 このニッカウヰスキー余市蒸留所が創立したのは1934年。実際にスコットランドへ留学し、本場でウイスキーの製法を学んだ竹鶴政孝が、当時の寿屋(サントリー株式会社)を退職した後に余市へと目を付けた。気候や材料の入手しやすさ、またこの事業の初期段階を支えるジュース製造に役立つりんごの産地であるということから、竹鶴はこの地へと根を下ろしたのである。

 彼の情熱が向けられていたのは、かつて学んだスコッチ・ウイスキーの製法からその味に至るまでを日本という場所で再現すること。そのこだわりゆえに、寿屋に勤務していた間は会社の方針と自身の理想との間で苦悩していたことが伺える。当時は特に、日本の一般市民にとってなじみの薄かった本格的なウイスキーの味の評判は芳しくなく、出資者や売り上げ目標額との折り合いをつけるのに骨を折っていたようだ。

f:id:chinohirose:20181018203142j:plain

 この場所はいわば、彼がようやく自由に羽を伸ばし、自分だけの酒造を追い求めることのできる城――のような存在だったのではないだろうか。完成した余市蒸留所を俯瞰してみた当時の彼も、きっとそう考えたであろうと思わずにはいられない。

 各施設の屋根を彩るのは美しく赤い色。かつてこれらは全て緑であったそうだが(同じ敷地内にある旧竹鶴邸やリタ・ハウス、旧事務所にその名残がある)、余市の空が晴れ渡るときの澄んだ青色に映えるのはこの赤色である、と気付いた竹鶴が塗り直しを命じた結果、現在のような姿になっている。

 また、耐震性に問題があると判断された建物は現在立ち入り禁止になっているが、大きな地震が少ないこの場所では、石造りの各棟の多くが当時のままの姿でここに佇んでくれている。

f:id:chinohirose:20181018203107j:plain

旧竹鶴邸前

 ウイスキー製造にその生涯を投じた竹鶴政孝を長きにわたって支えたのは、留学先で出会ったスコットランド人の妻リタ(本名をジェシー・ロバータ・カウン)であった。この余市蒸留所内の博物館では彼女の人となりが垣間見える展示もあったが、そこからは非常に聡明で気丈な人物像が見て取れる。

 当時はまだ国際結婚が珍しいものであったことに加え、家族や生まれ育った故郷から、距離と文化双方の点で遠く離れた極東の地で暮らすなど、現代の私達にはとうてい想像もつかないような決断である。特に戦時中は常に、リタは日本人にとって「敵国の人間」として扱われることとなった。日々の艱難辛苦は計り知れるようなものではない。それでもなお自分の選んだ道を強く生きた彼女が遺した言葉たちは、私の心に一筋の光を残していった。

 後の1988年に、彼女の出生地であるスコットランドのイースト・ダンバートンシャーは、この余市町と姉妹都市協定を結んだ。前述したリタ・ハウスは研究室として使用されていた建物であったが、この名前も彼女にちなんでつけられたものである。

f:id:chinohirose:20181018204308j:plain

 いまの蒸留棟では当時、実際に稼働していた初代のポットスチル(蒸留に用いる器具)も実際に目にすることができる。並んでいる幾つかの中で一番小さいものがそれだ。各蒸留窯の上部にあしらわれているのは注連縄で、これは創立者である竹鶴の実家が酒造業を営んでいたことにちなんだ意匠なのだという。とても洒脱なアイデアだ。

 余市蒸留所では今でも伝統的な製法が忠実に守られており、「石炭直火蒸留」によってウイスキー製造を行っているのは、もうここだけなのだそうだ。この製法は温度の調整が難しく非常に手間がかかるのが特徴だが、見学に行けばその様子を実際に間近で観察することができる。

 蒸留の工程によって香りとアルコールを抽出した後、ウイスキーの原液は濃度を調整され、樽の中で長いあいだ眠らされる。見学者待合室でサンプルを見たが、この時点でその色は薄く透明に近い。やがてそのかさは蒸発によって少しずつ減り、見た目も実際に販売されているもののような、濃い琥珀色に近づいていくのだ。

f:id:chinohirose:20181026164928j:plain

変わった匂いがする

 この熟成の過程で、樽に使われる木材や周辺の湿度、空気が最終的なウイスキーの持つ個性に大きく影響してくるのである。

 余市蒸留所は、日本の片隅にある小さな異国のような場所だった。創設者の情熱と、それを反映した各施設、後世に受け継がれていく伝統。販売されているウイスキーの製造過程や歴史だけではなく、この蒸留所が今もここに存在しているという事実そのものが、ひとつの物語なのだと実感した。

f:id:chinohirose:20181018204328j:plain

ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー

 その翌日は新千歳空港から羽田まで無事に帰還することができ、お土産のマルセイバターサンドも家族と一緒に美味しくいただきました。現在北海道庁は、震災後の観光客に向けた声明を出すなどして、その誘致に力を入れているようです。

 これを機に、みなさんも北海道旅行を検討してみませんか。