chinorandom

記録帖

札幌の周辺で、諸外国からの風と「星」を探しに|北海道ひとり旅・前編

 旅の始まりは、2018年の8月末。札幌が大きな地震に見舞われるほんの1週間ほど前のことである。

 エコノミー席におとなしく座って暇をつぶしていると、飛行機が着陸態勢に入ったというアナウンスがあった。往路の航空会社は初めて使用するAIRDOだ。キャッチコピーは、「北海道の翼」とのこと。

f:id:chinohirose:20180929150251j:plain

出発地・羽田空港

 窓から外の景色を見下ろして、思う。海がどこまでも昏い。そこは青森県と北海道を分かつ津軽海峡であった。当時の天気は小雨で、水面を叩く雨粒たちがその印象をさらに深く、得体のしれないものにしていたような気がする。8月末の関東は例年通りの猛暑で、現地の気温の低さには大きな期待が持てた。きっとこれから数日は、流れる汗に煩わされることなく、比較的快適に過ごせることだろう。

 母曰く、私は幼少期からこの島の土を幾度となく踏んだことがあるらしい。自分の中にその記憶は薄いどころかほとんど残っておらず、感覚としては今回の旅行が最初の北海道上陸経験ということで、非常にわくわくしていた。広大な北の島。また、今からおよそ2年前のことであるが、大阪の国立民族学博物館を訪れた際にアイヌ民族の方々が用いる伝統的な文様の描く線の美しさに心惹かれたことが、この土地への興味に深い部分で繋がってもいる。

参考サイト:

www.visit-hokkaido.jp(北海道観光公式サイト)

www.akarenga-h.jp(北海道の歴史・文化・情報サイト)

sapporofactory.jp(サッポロファクトリー公式サイト)

 余談だが、この旅行記録をつける際のBGMはアニメ版「ゴールデンカムイ」の第一期オープニングテーマ、《Winding Road》であった。作品の世界観を反映した歌詞が魅力的なMAN WITH A MISSIONの楽曲である。北海道がこの漫画の舞台であるという影響もあり、次回に訪れる際はぜひ、旧網走監獄のほうにも足を運んでみようと画策している。特にこの監獄食を試してみたいのだ。

 本当にどうでもいいことだが、上記に関連して以前にこんなツイートをしたことがある。

  • 空港から市内へ

f:id:chinohirose:20180929151046j:plain

札幌駅の外観

 北海道にある空の玄関のうちのひとつ、新千歳空港から札幌駅へと出るのにJR線を使った。車内では立って窓の外の景色を眺めていたのだが、家々の持つ屋根の形や仕組みの中には関東では見かけないものも多くあり、なかでも一見すると単なる平らな屋根であるが内側に傾斜のついているタイプのものを珍しく思った。そこで帰宅後にいくつかのことを調べたところ、それらが一般に「無落雪屋根」と呼ばれているものであるということが判明する。以下の記事でもそれが紹介されていた。

 以前の私の中にあったのは、北国の家々の屋根には大きな傾斜がある、という認識だった。過剰な積雪による家屋の損傷や倒壊を防ぐために、降った雪が地面へと滑り落ちていくような仕組みを採用するのが通常の対策であるだろう、という単純な考えからである。ところがそれは、いわゆる豪雪地帯の住宅街――家屋の密集している地域で用いられる場合には、重大な事故を引き起こす可能性も孕んでいたのだ。

 積もった雪が屋根を滑り落ちてゆく。確かに家の上からはその重みが消えるが、隣接する敷地へと大量のそれが侵攻していってしまったり、玄関から外へと出てきた誰かに塊が直撃してしまったりなどすれば、惨事に繋がるのは明白だ。そんな中で考案されたこの無落雪屋根は、雪を地面に極力落とさず、屋根上で溶かした雪を少しずつ外に流していくことのできる仕組みなのである。屋根に限らず、立っている住宅の特徴を把握することでその土地のことをより深く知ることができるのが本当におもしろい。もちろん、こんなことはわざわざ言うまでもないことだが。

 その後もコトコトと揺られ続けていると、不意にスピードを落とし急停車する列車。少しの間を置いたのちに流れたのは、「先ほどの急ブレーキは、線路の前をシカが横切ったためのものです。シカは列車に衝突する前に逃げております」という放送であった。和んでしまう。シカ肉はシチューにするか、ベリー系のジャムと共に頂くのがとっても美味しいのだ……。

 ここから札幌を含めた3つの街と、そこかしこに見られる諸外国の影響や、北海道特有の事物とその歴史を辿る散歩をはじめた。

札幌

  • 北海道庁旧本庁舎

f:id:chinohirose:20180929173308j:plain

上部にはためくのは北海道旗、赤い星

 その堂々たる佇まいが目を引く建物は、通称《赤レンガ》。ここにはもともと札幌開拓使の本庁が設置されており、焼失してしまったその跡地に建てられたのがこの、北海道庁の当時の本庁舎なのだ。その屋根の部分から出ているいくつかの窓の上には、かつての北辰旗のシンボルでもあった「赤い星」があしらわれている。

 これは五陵星――北極星をモチーフにして考案された図案から採られたものだ。実にシンプルで美しいと思う。現在の北海道旗にはそれを再解釈した、北海道を代表するデザイナー栗谷川健一による、七光星をあしらった濃紺の地の旗が採用されている。

 開拓使の赤い星をその外観に持つ建物は、この旧本庁舎以外にも多くある。例えば後述する豊平館や旧サッポロビール工場(現在は博物館)、札幌の時計台などだ。札幌市のホームページ『星のある建物たち』にも詳細が記載されているので気になる人はぜひ覗いてみて欲しい。北海道を散歩する際にはこの星に意識を向けてみると、まるで宝探しでもしているかのような気分になれるので、非常に楽しい。

 思えば村上春樹著の「羊をめぐる冒険」では、背中に星のマークがついた羊を追って、北海道へと渡った主人公が登場する。もしかすると、著者もこの作品を執筆する以前に自分と似たような経験をしたことがあったのだろうか?当然ながら真偽のほどは分からないが、なんだか私にはそのような気がしてならないのだ。

f:id:chinohirose:20180929212943j:plain

敷かれた赤い絨毯

 19世紀に建造されたこの庁舎には、荘厳さと複雑さ・整合性という特徴を併せ持つ、アメリカ風ネオ・バロック様式が採用されている。規則正しく並んでいる窓もその様式に則って設置されているのであろうことを外観から確認することができた。これに限らず、北海道の開拓にあたっては、顧問としてアメリカから招かれたお雇い外国人たちの影響も端々にみられる。

 19世紀の初め、古くは蝦夷地と呼ばれていた北海道を支配下に置くことでロシアに対する軍備などを強化しようと、はじめ日本幕府は八王子千人同心という一行を送り込んだ。これが開拓使のいわば前身である。不慣れな環境のなかで職務を行うのは非常に困難なものであっただろうことが伺えるが、やはりこのときの計画は頓挫し完遂されることは無かった。のちの明治時代に取り入れられた西洋式のやり方(特に米国の気候には北海道に近いものもあり、応用の効くものが多くあった)が、現地でどのように動くべきかの大きな指針になり、農業や学業の発展に大きく寄与することとなったのだ。

 さて、旧本庁舎の内部へと足を踏み入れると、入り口の正面から真っ直ぐに伸びる階段が訪問客を出迎えてくれる。ここは通常一般に無料で公開されているので、開館時間内であればいつでも気軽に訪れることができるのだ。部屋ごとの展示物も多岐にわたり、開拓使の歴史をはじめ隣国ロシアとの関係と協力の歴史や、アイヌの人々の文化や歴史などをひろく学ぶことのできる資料の数々が展示されている。売店ではシカ肉のレトルトカレーなどといった、少々珍しいお土産も手に入れることができそうだった。

f:id:chinohirose:20180929224208j:plain

数ある部屋のうちの一つ

 内部に設置されているあるもののことで、ひとつ記憶の片隅に引っかかっているものがある。それが「貴賓(きひん)お手洗い」の存在だ。

f:id:chinohirose:20181002181100j:plain

一般のものと何が違うのか

 きっかけは、建物の中でトイレ周辺の設備は一体どのように保存、もしくは改装されているのだろうかということが気になり、様子を見てみようと思ったことであった。その場所を入って右手に女性用お手洗いがあり、内部は現代的で至って普通のもの。おそらく男性用も似たような感じだろうということは想像に難くない。しかしながらその間に設置されていた扉に書かれていた文字は異彩を放っていた。これが、前述した通りの貴賓お手洗いだ。

 基本的に締め切られているようで中には入ることができないのだが、かつて高貴な人々のみが使うために用意されたであろうこの場所には、通常のお手洗いと比べて何か特筆すべきものがあるのだろうか。もしくは意匠などが豪華であったりもするのだろうか?確かめるすべがないので想像することしかできないが、自分の日常生活の中ではなかなか見ることのできない設備に出会い、新鮮な気分を味わうことができた。

旧本庁舎について:北海道庁旧本庁舎|GoodDay北海道

  • 豊平館

 札幌市内には路面電車が通っており、今回はそれを利用してみた。ちなみに札幌中心部の路面電車や地下鉄の駅はSuicaをはじめとする他の地域のICカードに対応しており、とても便利である。中島公園という駅で下車し、公園の敷地内に入っていくとすぐにその姿が見えてきた。

 建物の上部に輝くのは赤い星で、この豊平館も、かつての開拓使によって建てられたものであるのだということを静かに示している。

f:id:chinohirose:20180929233240j:plain

正面から

 豊平館は1881年に完成したホテルで、明治政府が建てた中では日本で唯一のものであるといわれている。旧本庁舎と同じように見られるのはアメリカの影響だ。現在では国の重要文化財に指定されており、入館料がかかるが内部の見学もすることができるようである。私が訪れた時は結婚式などの催しが行われていたので、今回は外部からそっと様子を伺うのみにとどめておいた。

 もともとは明治天皇の滞在先として用意されたこの豊平館であるが、その後は一般に向けた宿屋や飲食店へと変貌を遂げ、やがて地域住民のための公民館としての役割も果たすようになったのだという。新しい公民館の建設計画が出た際には保存のためこの場所に移築されている。二度の大規模な改修工事を経て、ここは今でも当時と同じように再現された、鮮やかな明るい青色で堂々と私達の眼前に立っているのだ。

 ちなみに今回この豊平館について調べたことで、「行幸」という言葉の意味を初めてきちんと知った。その行く先々で民が恩恵(幸)にあずかることから、天皇陛下が外出することや、どこかへ足を運ぶことを指してこのように表現するのだそうだ。言語表現は本当に奥が深い。

豊平館について:豊平館 | 国指定重要文化財

 この中島公園内には他にも北海道立文学館や天文台、日本庭園などの見どころがたくさんある。私は北海道産の山わさび醤油おにぎりを庭園の片隅で頬張っていたのだが、うま味と同じくらいの強烈な辛さに舌と鼻を打ちのめされ、涙目になりながら、水面に浮かぶカモたちをじっと眺めていたのも思い出した。

  • サッポロビール博物館

f:id:chinohirose:20180930002944j:plain

博物館の外観

 ビールというと、真っ先に私の頭に浮かんでくるのはイギリスのパブである。

 特にスポーツがテレビ中継される騒がしい日になると、店内に収まりきらなかった人々は、入り口のドアやテラスからはみ出し歩道に立って歓談し始める――彼らのうち、9割の人間の片手にはビールの注がれたグラスかカップが握られているのだ。......ここでいちど閑話休題、と言いたいところなのだが、実はサッポロビールとイギリスの間にはなかなか強固な縁が存在しており言及は避けられない。サッポロビール博物館では、その起源から現在に至るまでの歴史をわかりやすく学ぶことができる。

 この建物はかつて開拓使による最初の麦酒醸造所として建てられたのであるが、その責任者に任命された人物の名を、村橋久成という。彼はかつて、薩摩藩から命を受けイギリスへと渡った15人の留学生のうちの一人なのだ。当時のロンドンはヴィクトリア朝の真っただ中、産業と共に最も輝いていたあの都市の姿を直接拝むことができた彼らを実に羨ましく思う。村橋はその後ノイローゼや鬱のような症状を発症し、2年間の予定だった滞在を切り上げて帰国している。サッポロビールの醸造に関わるのはその後の話だ。

 ちなみに当時の日本は鎖国中であったので、外国へと赴くことは固く禁じられていた。そこで、彼らは密航者として無許可で海を渡ったのだ(それなのに、帰国後は職務を与えられたとはいえ普通に生きて過ごすことができているので、当時の状況はかなり興味深い)。

f:id:chinohirose:20180930164756j:plain

館内のステンドグラスは麦の意匠

 日本独自のビールを醸造するにあたり、当初はドイツ式の方法を採用しよう、という計画が持ち上がっていたという。場所は北海道ではなく東京にあった官園。政治や経済の中枢にほど近い場所で新しい技術などを展示することができれば、開拓使の存在感を強め、外部によりよい印象を与えることに繋がるであろうといった考えのもとに、その実行が検討されていたのだ。

 しかしながら、村橋はそれに一石を投じた。

 彼はイギリス留学中の経験から、その近隣国ドイツの気候も日本に比べ寒冷なものであるということに言及し、国内で最もドイツ式ビール醸造に最適な環境であるのは北海道だという旨の提言をしたのだ。これが開拓使や当時の開拓次官である黒田清隆に受け入れられた結果、開拓使麦酒醸造所は東京ではなく、札幌市に建造されることとなったのである。

 その判断は功を奏し、結果的に日本でのビール生産の発展を大きく加速させた。村橋久成がいなければ現在のようなサッポロビールは存在しなかったであろうと言っても決して過言ではないのだ。また、彼はこの醸造所を通じて札幌という都市にさらなる貢献をしたいという強い意志を持っていた。たかがアルコール飲料と侮るなかれ。このビールの生産計画は、材料を確保したり商品を運搬したりするための交通手段や、醸造に必要な水や氷を用意しやすい立地などの要素が複雑に絡み合った一大事業だったのである。

f:id:chinohirose:20180930170907j:plain

開業当初から使用されていたタンク

 ここで実際に醸造を開始するにあたり、正しい知識を持ち、さらにしっかりと訓練された経験豊かな醸造技師が必要とされていた。雇われたのは外国人ではなく、当時こっそりとイギリスに渡り(改めて、当時の法で密航は死罪にも相当するのだが......)、その後は命によりドイツで本場のビール醸造を学ぶこととなった中川清兵衛である。博物館に展示されていた現地の学校の卒業証書を見ると、日本人で初めてドイツビールの製法を学んだ、というような主旨の文が記載されていた。彼は薩摩からの留学生とは違い、当初から何らかの役目を背負って国を出たわけではない。その目的は謎に包まれている。

 彼は密航後、なぜか現地のどこかにあるお屋敷の小間使いとして働いていたが、客人としてそこを訪れた青木周蔵により偶然にも「発見」され、人材を欲していた彼によってビール醸造学校へ通うための資金援助などを受けることとなった。しかしながら、そもそも彼がどうしてヨーロッパへと渡ることを決めたのか、その理由は関連書籍などをあたってもどこか判然としない。私としてはそこが一番気になるところであるのだが。はじめは何らかの理由があって横浜へと赴き、船に乗ってまずドイツへと入国をしたらしい。その後はイギリスで何年も過ごしたり、再びドイツに戻ったりするなどしている。

 中川清兵衛、もしかすると相当な変わり者であったのかもしれない。もしも現代に生まれていたら一体どのような人生を辿ることになっていたのだろうか。機会があれば、ぜひお近づきになりたいものである。

 気が付くとサッポロビールそのものの歴史よりも、その周辺で奔走していた、熱意や野望をもった人々の姿に自分が強く惹かれていくのが分かった。

醸造所の歴史:開拓使麦酒醸造所★物語 | サッポロファクトリー

f:id:chinohirose:20180930003232j:plain

細長く伸びる大通公園

  さて、当初の予定よりもだいぶ長くなってしまったので、残りの旅程に含まれていた小樽と余市の散策記録は「後編」として次の記事に記載することとします。まずはここまでお読み下さりありがとうございました!

後編はこちらです:

ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー

 先の震災で甚大な被害を受けた北海道。日本政府は2018年10月から、「ふっこう割」という形で人々の呼び込みを支援する予定だそうです。これによって、旅行者は北海道を訪れる際に、いくらかの費用が割引される場合があります。

 応援もかねて、皆様も北の島へと足を運んでみるのはいかがでしょうか?私はいま網走に行きたくてむずむずしています。

追記:

こちらの記事に掲載していただきました。