chinorandom

記録帖

ストラトフォード=アポン=エイヴォン周辺で過ごす週末

f:id:chinohirose:20180331033644j:plain

シェイクスピアの生家

”内の夫婦は御祭中田舎の妻君の里へ旅行した。田中君は「シェクスピヤ」の旧跡を探るというので「ストラトフォドオンアヴォン」と云う長い名の所へ行かれた。跡あとは妻君の妹と下女のペンと吾輩と三人である。”

「倫敦消息」著:夏目漱石より

 全文はこちらからどうぞ。パブリックドメインです:「倫敦消息」|青空文庫

ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー

 敬愛する、小説家でもあり文学研究者でもある人間の作品からの引用で自分の旅行記を始めるというのは、何とも恐れ多いことだ。心からそう思う。ちなみに、上に引用されている文章のうちの「御祭」はキリスト教における復活祭であるイースターのことを指している。春の行事だ。私がこうしている間にも4月は音もなく近付いてきているはずなのに、これを書こうと思い立った日の先週末もその前の週末も、ロンドンでは決して少なくない量の雪が降っていた。

 3月の上旬に訪れたのは、イングランド中部に位置しているストラトフォード=アポン=エイヴォンという街だ。ウォリックシャーに所属しているそこはコッツウォルズの北端からさらに少しばかり北で、バーミンガムからは南に40キロほど離れた場所にある。古い建物が多く残り訪問客に風光明媚な印象を与えるところで、エイヴォン川がその中心部を斜に流れている。ロンドンから電車で訪れる場合は、乗り換えのある場合も含めて、おおよそ2時間ほどを要するそうだ。

 私たちはこの地で一泊した後にその隣村、そしてコッツウォルズのモートン=イン=マーシュへと立ち寄り、道中ではチッピング・ノートンも含めたいくつかの町や村を横目に見ながら帰路についた。

主な参考サイト:

Official website for Visit Stratford-upon-Avon(観光情報サイト)

Our Warwickshire(ウォリックシャーの歴史と写真のサイト)

British History Online (英国の歴史に関する情報ライブラリー)

  • 土地の歴史など

f:id:chinohirose:20180331031449j:plain

 この街に関する事柄をあれこれと調べていたとき、とある記事を見つけた。それは、新石器時代のものであるとみられる斧の刃の部分が、ティディントン(ストラトフォード=アポン=エイヴォンのはずれ)にある耕地で発見されたというものであった。

 写真を見ると、もしもこれを道端で見つけたのが私であったら、到底その価値に気付くことは無かったであろうと思う。何も知らない人間にとってそれは丸みを帯びた文字通りの石なのだ。発見者であるピートさんは歴史や考古学に興味を持っておられる方であるそうで、石を見たときには「普段この辺りで見かけるような石とは明らかに違う」と直感したのだという。こういった場合に限らないが、知識と好奇心というものは私たちの目に映る世界を実に大きく広げてくれる。

 斧の分析を行ったウォリックシャー博物館によると、これは紀元前2500~4000年、今からおおよそ6000年前ごろのものであるということだ。この時代は特に貿易が盛んになり始めた時期であり、それに際して輸入された斧が耕地開拓のための伐採に使われていたのだと考えられるとの説明があった。

 現在のこの土地の名前(Stratford-Upon-Avon)はサクソン人の入植とともにもたらされたものであると一般に言われている。余談だが、Stratfordにも含まれているFordという語は、歩いて渡れるような深さの水辺・浅瀬のことを指すのだということを以前に調べたのを思い出した。というのも大昔に構想していたとある物語(架空のヨーロッパ周辺が舞台)の中で私は登場人物の名前をメタファーとして用いたかったため、「水」にまつわる人名や単語を検索していた中にこれがあったのだ。

f:id:chinohirose:20180331033734j:plain

 川沿いを歩きながら、過去の文明の多くは常に恵みと災害をもたらす大河のそばで発展してきたのだということを考えていた。写真の右手に見えるのはホーリー・トリニティ・チャーチだ。13世紀の初頭から建造が始まったといわれており、この街のなかでは最も古く、またイングランドの中で最も多くの訪問客を集めている教会でもある。かつては木造であったという記録があり、18世紀ごろに現在のような状態に整えられたそうだ。

ホーリー・トリニティ・チャーチ:Holy Trinity, Stratford-upon-Avon

 ストラトフォード=アポン=エイヴォンは主にシェイクスピアの出生地として人気の観光地であるけれど、もちろん16世紀に彼が誕生する前からこの街(貿易の拡張前は小さな村であったが)は存在しており、注目されることがあまり多くはなくても、人々による歴史の糸は細く長く紡がれていたわけである。

  • 建築物

 街を歩いているとチューダー様式の建物が多く目に付く。しかしながらここで留意しておきたいのは、例えば下の画像のような特徴を持った建築物のみが、この王朝の時代の建築とその様式を代表しているものではないのだということだ。

f:id:chinohirose:20180331033757j:plain

 白っぽい壁に木の枠。少なくとも昔の私なら、これらのような建築のみがチューダーという時代(1485–1603)を代表しているものだと思い込んでいただろうし、他の大邸宅などとその名を結びつけることは難しかったであろう。しかしながら、この時代に建てられたものたちの全てが、階級や目的を無視してただ画一的に同じ形式や装飾に沿っている、と考えるほうが無理がある。大きな規模の石造りの邸宅や教会も、それぞれに異なるチューダー様式としての特徴を持っているのだ。

 ここでは白い外壁と木の枠が特徴的なほうの家々に話を絞るが、それらの建築はこの項下部のリンク先のページで「壮大ではないほうの(この時代の)建築」として説明がされている。つまり貴族ではなく、主に商人や地主、裕福な農民たちが、経済や生活水準の向上に伴って建造したものであるのだという。露出している木材はしばしば石灰水で洗われたり、黒く塗られたりしたほか彫刻などで装飾されることもあった。

 この街でみられるもののなかで代表的なものは、例えばこれだ。

f:id:chinohirose:20180331033825j:plain

 横に長く伸びる外観が興味深いこの建物が、現在見られるように少々珍しい形となっているのには理由がある。それは最初期(15世紀初頭)に建てられたギルドホールに付随するような形で、学び舎やチャペル、救貧院などがその都度加えられていったからというものだ。つまりは計画的なものではなく、成り行きに任せて施設は隣接され、繋げられた。

 やがてキングス・ニュー・スクールという学校がこの場所へと移転し、1571年には当時まだ7歳という年齢であったウィリアム・シェイクスピアがここで学んでいる。今でもここは変わらず実際に学校として使われており、おおよそ600年という時を超えて存続するこういった建物は、視覚的にも歴史的にも非常に興味深い。

チューダー様式について:Tudors: Architecture | English Heritage

ギルドホールについて:SHAKESPEARE'S SCHOOLROOM AND GUILDHALL

 ところでこちらの写真はあのチェーンのホテル、メルキュールのものなのだが、ただ外観が美しかった。今回の旅とは全く関係ないが、2011年に初めて私がフランスを訪れた際に宿泊したのはパリの某所にあるメルキュールであったということをふと思い出す。

f:id:chinohirose:20180331031354j:plain

きれいな佇まい
  • ティールーム

 お昼近くになって立ち寄ったのはハサウェイ・ティー・ルームズというところで、それもこれまた古い1610年ごろに建てられた建築物の中にあった。このティールームの創業自体は1931年と比較的あたらしいが、記録によれば1728年頃には、この場所は宿屋のGeorge Innとして知られていたのだという。その十年後には所有権が本屋へと移り、お次は薬屋、靴屋と異なる職種が続いた。そして現在のような状態へと至るそうだ。

f:id:chinohirose:20180331033956j:plain

右から2番目、ファッジ屋さんのお隣

 この建物は英国の”Listed Building”と呼ばれる保護対象の建造物の中で、グレード II*というものに分類されている。IIの横に星のような記号がついているのは、単なるIIとは区別されているからであり、最も重要とされているグレード Iから順にII*、そしてIIと三段階の異なる形で建築物は指定される(自治体によってこれとは別の区分を採用しているところもある)。私はこのように、保護されているものが現在でも何らかの形で実際に使われているものを見るのが好きだ。もちろんあまりに古かったり、もしくは状態が著しく損なわれているような、早急な対策と保存の必要とされる場合にはそれは難しい。

 内装に目をやると、チェックの柄のカーペットや天井付近にみられる木の梁などが確認でき、とても落ち着く。ガラスの窓から差し込む光も柔らかい。全体的に居心地の良いところだった。

f:id:chinohirose:20180331031649j:plain

 アフタヌーンティーのサンドイッチは複数ある中から3種類を選ぶことができる。4つのケーキのラインナップは日や季節によって変わるようで、スコーンはひとつひとつが大きめだ。お昼ご飯には丁度良い量か、それよりも少し多いくらい。

 私が英国にいて楽しいと思うことのうちの一つには、学業や芸術文化に関連することの他にも、それぞれのお店によって出てくるアフタヌーンティーの違いを確かめるというものもちゃっかりと入っている。

f:id:chinohirose:20180331031718j:plain

 お茶の種類も豊富で、私達が選択したのはダージリン。香りが豊かで美味だった。

 そもそもこのような形式で夕飯前に軽食をとる習慣が「文化」として確立され、知名度を持ったのはごく最近のことだ。これについて調べていたとき、19世紀初頭の英国に生きていた人々にとって、1日のうちにわずか2回の食事――朝食と夕食のみをとるというのはごく普通のことであったと知り驚いた記憶がある。自分ならとても耐えられない。そんな私のように、空になった午後の胃と感じるだるさを持て余していたベッドフォード公爵夫人は、このような形で問題を解決することを望んだらしい。

 ちなみにサンドイッチとケーキを除いてスコーン、クロテッドクリームとジャムのみを紅茶と組み合わせて楽しむものをクリームティーと呼ぶ。値段も量もアフタヌーンティーに比べるとお手軽なので、一般の英国人はどちらかというとこちらの方を普段の生活に取り入れている割合が高くなっている。

 アフタヌーンティーの歴史:History Of Afternoon Tea

  • 宿泊した場所・食事

 今回は街のはずれで一泊することにしていた。The New Innという小さなホテルのツインルームに滞在したが、浴室は清潔で近代的であり、部屋の壁が非常に薄く物音を聴くことがあったものの暖かく快適だった。1階はレストランとパブになっており、朝食や夕食をそこでとることができる。

 その日の夜にはさっそく下へ降り、私は高鳴る胸を抑えながらフィレステーキを頼んだ。ホテルの人の説明によれば、ステーキにはこの地域の近郊で育てられた牛の肉を使用しているとのことだった。

f:id:chinohirose:20180331034046j:plain

 お皿の手前側に乗ったステーキにかかっているのはソースだ。その他には少しのサラダとチップス。同行者の注文していたリブアイと食べ比べてみたけれど、個人的にはやはりフィレステーキの方が柔らかく、風味も豊かで好きだ。これひとつとビールでお腹はいっぱいになったうえ、久しぶりにこういった形で調理された肉を口にしたので、とても幸せな気分だった。そしてこの旅行からしばらく経たないうちにスーパーでステーキ肉を購入し家で焼いて食べた(こんな贅沢は普段あまりしない)。

 嬉しいことに朝食の代金も部屋代に含まれていたので、この日は午前中からお腹いっぱいになるまで食べてしまった。提供されるのはいわゆるフル・イングリッシュ・ブレックファストと呼ばれるような品目が揃えられたバイキング。一日の適切な摂取量という言葉が一瞬だけ脳裏に浮かんだが、席を立ってカウンターに向かった後に意識が戻ったときには、私はすでに3枚もの塩気の強いベーコンをお皿の上に乗せてしまっていた。

f:id:chinohirose:20180331030927j:plain

 アフタヌーンティーとは異なり、朝食という概念は他の国々や地域と同じく英国にも昔から存在していたものだ。現在フル・イングリッシュ・ブレックファストと呼ばれている形式のものも英国の盛衰や階級社会のなかで生まれ、変化し、また進化してきた。下部に記載したリンク先によれば(そもそもサイトを運営しているのがEnglish Breakfast Societyなるものであるという時点でかなり興味深いのだが)、この朝食の品目や形式のもとになった概念は「アングロ・サクソンの伝統的な文化と食生活」であるらしい。

 もちろん前述したように現在と当時の朝食はいろいろな点で異なっているのだとは思うが、紀元400年代からブリテン島に住み始めた彼らもこれに類するものを似たような調理法で食べていたのかもしれないと考えるとおもしろい。イングリッシュ・ブレックファストにおけるほとんどの品目は食材に火を通すのみ、という単純な調理法によるものであるのも、実はそれが理由なのかもしれない……。

イングリッシュ・ブレックファストの歴史:History Of The Traditional English Breakfast

  • 隣の村

f:id:chinohirose:20180331031133j:plain

 ストラトフォード=アポン=エイヴォンの中心部から南に少し下ると、ロウワー・クイントンという村がある。もうひとつのアッパー・クイントンという地域と合わせて単にクイントンと呼ばれることが多く、この時間帯はとても晴れており、昨日とこの日の午後の小雨などまるで嘘のようであった。そしてロンドンを代表としたイングランドの天気はたいていの場合こんなものである。数少ない晴れ間の見える日は皆さわやかな気分でそれを話題にするし、陰鬱な天気が続くときは斜に構えながらそれを話題にし、鼻で笑う。彼らのそういう部分は私は嫌いではない。

f:id:chinohirose:20180331031152j:plain

f:id:chinohirose:20180331031213j:plain

 これらの茅葺き屋根の家々はなんだか丸みを帯びていてかわいらしい。ここは休憩がてらに車を降りて散歩をし、おそらくはこの週末の中で唯一、太陽の光をしっかりと浴びることのできた場所であった。

  • モートン=イン=マーシュ(コッツウォルズ)

  そこからさらに南へと車を走らせ(運転のできない私はそれを同行者に丸投げするより他になかったのだが)、その頃には日も徐々に傾いてきており、楽しい週末も少しずつ終わりを迎えようとしていた。

 コッツウォルズの北側を訪れた時のことについては以前にも書いたが、ふらりと立ち寄ったこの町はそのとき足を運ばなかった場所であり、鉄道の駅に(観光客が多いためか日本語でも)表示があるように「北の玄関口」とでも呼べるような場所に位置している。この近辺は相変わらずたくさんの人々で賑わっていた。

f:id:chinohirose:20180331030954j:plain

メインの通り

  町の名にあるmoretonという語には「開けた土地・荒野」といった意味が内包されているという。この町はかつて教会を中心として展開していた小さな規模の村だったのだが、13世紀になるとウェストミンスターの修道院の長によってその価値を見出され、いわゆる開発が始まった。

 14世紀ごろから村は北の方へと徐々に拡大していったが、このことが地図や建築物だけではなく、当時の税収の記録やそれにまつわる資料から読み取ることができるというのがおもしろい。商業で栄えたコッツウォルズというエリアでは、毎週行われていたマーケットでそれぞれの村が出した利益を比べることで、村の発展度や規模を測ることができた。

f:id:chinohirose:20180331034108j:plain

 メインの通りには時計台を屋根の上にいただいた町の会館があり、ハンドメイドのクラフトマーケットが開催されていた。周囲の駐車場はとても混み合っていて停める場所を見つけるのに一苦労だが、これはコッツウォルズ地域にある中規模の村や町ではお決まりの光景である。

町の地理・歴史について:Parishes: Moreton-in-Marsh | British History Online

ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー

 ところで、充実過ぎるほどに充実していたこの週末二日間が明けるころには大学の課題の締め切りが待っていたのだが、準備をしていたおかげで特に何も困ることはなく当日を迎えられた。ただし気持ちの面ではあまり安息を感じられなかったので、より余裕のあるイースター休暇の方では一度頭の中を整理する時間を十分にとれることを望んでいる。

 そんな4月の旅行の目的地は南部コッツウォルズとその周辺です。わくわく。