memorandum

記録帖

イギリス風景式庭園の代表格《ストウ》その発展と景観

 バッキンガムと聞いて多くの人がすぐにその脳裏へと浮かべるであろう場所は、ロンドンの中心部、グリーンパークとセント・ジェームズ・パークの間に位置する、きらびやかな「バッキンガム宮殿」のことであるに違いない。

 かつてジョン・シェフィールド公が建てたその宮殿は彼の爵位(Duke of Buckingham)にちなんでその名を冠しているのだが、実は他にもイングランドの中部に存在する州のなかにバッキンガムというところがあり、その北部の隅には、広大な敷地と美しい景観を誇り英ナショナルトラストにも指定されている、「ストウ庭園 (Stowe Landscape Gardens)」というものがそっと存在しているのだ。ここはロンドンから公共の交通機関のみを使って訪れるのにはかなり困難な場所にあるので、個人で足を運ぶ場合は途中から車を借りたり、タクシーを利用したりするのが良いだろう。ちなみに名前の似たストウヘッド庭園というものがあるが、それはこのストウとは別のものだ。

f:id:chinohirose:20180627222526j:plain

 イギリス風景式庭園と呼ばれる様式のなかでもジョージアン時代の傑作であるストウ庭園では、内部を自分自身の足で実際に探索してみることで、その文面での説明や写真からは読み取ることのできない細やかな楽しさを多く見つけることができる。思えば私はこの国に来てからというもの、晴れた日に公園を訪れることがすっかり好きになってしまった(正確には、数少ない晴れの日に外へ出ておかないと、生きていくうえで必要最低限の量の日光すら浴びることが難しくなる、という切実な理由からである)。

 そして近いうちに、もう一つの高名な風景式庭園を持つ、世界遺産にも登録されているブレナム宮殿を訪れることになっている。そちらについての情報も後にまとめる予定で非常に楽しみだ。また現在自分が読んでいる本の内容と、偶然にも同じタイミングで足を踏み入れた場所に関係する要素があることで、学んでいるトピックに対する理解をより深めることができたのが嬉しい。

参考サイト・書籍:

nationaltrust.org.uk(ナショナルトラストのサイト)

gardenvisit.com(庭園情報サイト)

In Ruins(邦題:廃墟論。クリストファー・ウッドワードの著作で、ストウ庭園やフォリーに対する言及もある)

  • イギリス風景式庭園とは

 17世紀末の時点では初期バロックのパルテール(平面幾何学)式を採用していたストウ庭園だが、18世紀の前半に、チャールズ・ブリッジマンやジョン・ヴァンブラをはじめとした30名を超える造園家や建築家、デザイナーがそこを改装し規模を先代のものよりも拡大するため、邸宅と周辺の敷地を所有していたコブハム卿(名をリチャード・テンプルというが、父親と名前が同じなので非常に紛らわしい)によって雇われた。その敷地内ではそれぞれが新しい様式の研究や実験を行い、その集積が現在見られるようなストウ庭園の姿の基盤を形作ったのである。

 そもそもこの時代に大きく発展し、英国だけではなく周辺の国々も次々に魅了していったイギリスの風景式庭園とは、従来のフランスやイタリアなどで多く見られた造園の形式と一体どのように異なっていたのだろうか。

 当時、庭の所有者やそのデザイナーたちを風景式庭園の創造へと駆り立てたもののうちのひとつは、「ピクチャレスク(Picturesque)」という概念であった。日本語でも何かを見て「これは絵になるね」などとという場面があるが、英語のこの言葉もそういった意味合いで使われることがある。絵になる庭。まるで絵画の中に描かれているような庭。そもそもこれは、英国の著作家ウィリアム・ギルピン(1724 – 1804)がそのエッセイの中で初めて、このような風景の美しさやありかた(例として彼自身がスケッチをした、イングランドとウェールズの国境をまたぐワイ・バレーなど)を説明するための文脈で用いられたと考えられている。

f:id:chinohirose:20180627222206j:plain

ストウのイレブン・エイカー湖

 ちなみにギルピンの出身であるカウンティはイングランド北端にあるカンバーランドで、私が以前に訪れた湖水地方のバターミア湖は、かつてそこに所属していた(現在その範囲はもう一つのカウンティ、カンブリアのものになっている)。風景画で名高いこのウィリアム・ターナーもその姿を描いたことがあった:

 彼の言説に影響を受けたことに加えて、当時のイギリスを含むヨーロッパで主流であった厳格で形式主義的な整形庭園、その根幹をなす左右対称の幾何学的な造形や計算された生やし方の植物――例えば代表的なものにはフランスのヴェルサイユ宮殿があるが――に対するある種の反発もあり、イギリス風景式庭園は瞬く間に人気となっていった。それが体現しているものは、まるで散策の途中でカメラのファインダーを覗いたときに見たいと人々が望むような、理想化された自然の姿だ。この考え方が面白いのは、庭に手を加えることによって、まるで誰も手を加えていないかのような風景を作り上げるという部分である。

 木の配置、湖の位置や大きさ、それらは人間の手によって計算され、庭園の景観が十分にピクチャレスクなものとなるように注意深く、丁寧に整えられているのだ。対照的に、実際にそこに存在していた建物をそのまま風景の一部として取り入れる場合もあるが、どちらにせよ加工の痕跡を巧みに隠すその意匠は「庭が風景に擬態している」とでもいえるような状態を私達の視界の前に作り出す。

 人工と自然の境目にあるパラドックスは、そこに虚偽の機能や歴史を強く連想させる建築物「フォリー」が庭園の敷地内に配置されることによって、さらにその存在感を増す。庭園を一望できる場所から眺める彼らの姿はまるで盤上に配置された駒か子供が遊んだ後の積み木のように見えるが、その性質をよく表していると思う。フォリーが何かについての非常に簡単な説明は、コッツウォルズにあるブロードウェイ・タワーについての項に以前記載したものがある:

f:id:chinohirose:20180627224803j:plain

ゴシック・テンプル風のフォリー

 コブハム卿の時代にストウで働いた庭園デザイナーとして前述した、チャールズ・ブリッジマンが最初にストウ庭園に付加したといわれる特徴的な設備として「ハハー(ha-ha)」と呼ばれるものがある。決してふざけているわけではなく、これが正式な名称だ。

 風景式庭園において、庭園の敷地と周囲の土地をどのように区切るかというのはひとつの課題であった。なぜなら壁や柵を設ける形で境界線を示すようにすると、本来の目的である、人間の加工の痕跡を消すということが難しくなる。かといって目印以外のものを設置しなければ、人間や野生動物にやすやすと侵入されてしまう。そのために考案されたハハーは、地面から上に塀を設けるのではなく庭園の境界線を下に掘って傾斜をつくり、実際の地面よりも低い位置に壁を設けることで、遠方から眺めるとまるで庭が地平線の彼方まで区切りがなく広がっているように見えるという仕組みのものだ。

 このアイデア自体はさまざまな時代の、世界の至る所で似たような存在を確認することができるようだが、イギリス風景式庭園とハハーの持つ性質を組み合わせるという機転を利かせたという部分でブリッジマンに焦点があてられることが多い。彼は20年以上もの年月をこのストウ庭園で働くことに費やした。

 さて、ここまでは意図的にその名前を出さないでおいたのだが、当時の貴族に依頼され、ブレナム宮殿をはじめとした数々の庭園の設計を手掛けたランスロット・"ケイパビリティ"・ブラウンを抜きにしてこのストウ庭園を語ることはできない。彼は一体どのような人物であったのだろうか?

イギリス風景式庭園の発展:How has the English landscape garden developed?

  • ランスロット・ブラウンの活躍

 "ケイパビリティ"の二つ名を持つブラウンであるが、それはクライアントに対する彼の口癖であった「あなたの土地にはより素晴らしい庭となる素質・将来性(capability)が十分に備わっている」という口癖から来たものだとされている。そして、彼の庭師としてのキャリアはほとんどこのストウを通して形成されたといっても過言ではない。ノーザンバランドにある小さな村に生まれ育ち、そこにあったお屋敷にしばらく仕えた後、1741年には件のコブハム卿によって雇用されることとなった。しばらくの間は下っ端としてウィリアム・ケントに師事していたのだという。

f:id:chinohirose:20180627225241j:plain

グレイシアン・ヴァリー

 彼がブリジット・ワイアットと結婚式を挙げたのもストウ庭園の内部にある教会で、9人もの子供に恵まれた。

 前述した「ハハー」を巧みに用いた視覚的なトリックを応用するアイデアの考案に加えて、ストウ庭園における彼の働きのなかで最も顕著なものは、庭園の北の方に位置するグレイシアン・ヴァリーであるということができる。これはその名の通りに、本来は自然の中で氷河によってつくり出される大きな谷を模して造られた、人口の地形だ。施工には多大な労力を必要としたのであろうことが伺える。

 私がそこを訪れたのは初夏の頃であったが、上の写真を見ても分かるように、草木や花の生い茂る谷底はまるで薄緑色の海のようにも思える。晴れの日で、歩いている間は暑いとすら感じていたが、時折そよぐ風はとても心地がよかった。付近の丘の上に建っているのは「調和と勝利の神殿」であり、これもブラウンの設計によるものだ。

f:id:chinohirose:20180627225035j:plain

 これはもともとグレイシアン神殿と呼ばれていたが、シュレジエンを巡る争いを発端としたかつての7年戦争(1756-1763)が終結した折に、英国の勝利と戦果を祝い改めて名前が付けられた。ストウの持つ興味深い要素は、この神殿に限らず、当時の世界情勢のなかでの英国の立場や庭園の所有者であったコブハム卿の政治観を反映しているという部分にもある。

 調べていて、彼についての概要やそのデザインの特徴を簡略化して説明してくれる動画を見つけた。常に画面の片隅でカクカクと首を動かしているブラウン本人を模したイラストが少し不気味だが、分かりやすい:

 ブラウンはパトロンに恵まれ、その活動と名声も高まっていく中で、当時は万人に受け入れられているというわけではなかった風景式庭園の考え方を批判されつつも推し進めていった。最終的には英国内で170を超える庭を設計した彼は、今もなおイギリスの庭園史の根幹にその存在を刻み付けているのだ。

ランスロット・ブラウンについて:Why was Lancelot 'Capability' Brown so important?

  • 私立学校と庭園の景観

 上に記載したもの以外にも、ストウ庭園の中にはさまざまなフォリーたちがこの人工的な美しい自然のなかに佇んでいる。そしてそれらを含む全ての建造物の中で、ひときわ輝いて見えるのがストウ・ハウスだ。庭園の入り口からでも湖を挟み、後景の丘の上にその堂々とした姿を望むことができる。これは飾りの建物であるフォリーとは違い、実際に私立学校の校舎として現在も使用されているもので、一般の訪問者も入場料(建物の保存に使われる)を払って中を見学することができる。歴代の庭の所有者の多くもかつてはここに住んでいた。建物自体は、英国の歴史的建造物のなかでも特に重要なグレードⅠというカテゴリーに分類されている。

 ちなみに、ストウ庭園と同じバッキンガムシャーにその一部を横たえるシルバーストーン・サーキットのコース内にはStoweと呼ばれるコーナーが存在しているが、実は、それはこのストウ・スクールにちなんで命名されたものであるのだ。

f:id:chinohirose:20180627221939j:plain

ストウ・ハウス

 庭園の一部はゴルフ場としても使用されており、校舎の手前にある芝がそのために整えられている。この場所をいわゆる校庭として使用することができるというのは非常に素晴らしく実にうらやましい。下世話な話だが、そっと学費を調べてみると、日本人正規留学生が1年間で英国の大学(学部:バチェラーズ・ディグリー)のために支払っている金額の平均と比べて約3倍ほどした。3倍……。

 それでは上記の校舎をはじめとして、ストウの中で自分たちが見つけることのできた興味深いものを幾つか選んで、順に掲載していく。まずはこの《ロトンド》と呼ばれる円形の神殿から。これはジョン・ヴァンブラによってデザインされたものであり、中央に設置されているのはヴィーナスの彫像だ。近くの看板には「ゴルフの球が飛んでくる場合があります」との注意書きがある。

f:id:chinohirose:20180627225101j:plain

ロトンド

 そして下の写真は《パラディアン・ブリッジ》で、付近には生まれたばかりの鳥とその親が草を食んでおり和んだ。この橋はソールズベリーのウィルトン・ハウスにあるものの複製であるが、馬車が通れるような意匠に設計が変更されている。ここから望む、白鳥と睡蓮の浮かぶ大きな湖《オクタゴン・レイク》は圧巻だ。通行する際は、ぜひ天井にあしらわれた美しい花々のレリーフにも目を向けてみて欲しい。

 そこから真っ直ぐに伸びる道を辿った先、丘の上には味わい深いゴシック神殿のフォリーがある。休暇中などには一般に貸し出されることもあるそうだが、宿泊することができるのだろうか。そこの窓から見下ろすことのできる風景はさぞかし素晴らしいものであろうことが伺える。

f:id:chinohirose:20180627225407j:plain

 ずらりと並ぶ彫像が圧巻なこれは、偉大なる英国への歴代の貢献者を祀った神殿だ。

 アイザック・ニュートン、ジョン・ロック、そしてウィリアム・シェイクスピアとそうそうたる顔ぶれのなか、全部で16人いる人物のうちにたった一人だけ紛れ込んでいる女性が英国の元女王、エリザベス1世である。これは水辺に設置されており、付近で昼食をとっている家族もいた。木陰にあるおかげで周辺は実に気持ちのよい空気に包まれているのだ。

f:id:chinohirose:20180627222101j:plain

 この時は地図を見ながらできるだけくまなく敷地内を散策したが、それでも出逢うことのなかったフォリーや庭園内の地形がまだまだたくさんある。間違いなく何度も訪れることでその奥深さを徐々に感じられるようになる場所だ。来年の過ごし方についての具体的な計画はまだ立てていないが、大学を通じて無料でもらえるアートパスの学生版も含めて、ナショナルトラストかイングリッシュ・ヘリテージ、いずれかの会員になることをぼんやりと検討している。住んでいるロンドン周辺の史跡などをいくつか訪れるだけでも十分に元が取れるような気がしている。

 庭園内を辿るコースによるが、のんびりとストウを歩き回るのであれば、最低でも2時間半ほどを要するであろうことを念頭に置いてその日の計画を立てるのが良いと思う。お手洗いや売店は入り口付近にしかないので、水筒を持ち歩いたり事前に準備したりするのを忘れずにいたい。

  • ビジターセンター周辺

  晴れた日にテラス席でお茶を飲むのは最高の贅沢だ。庭園の入り口では軽食やおみやげを売っていたり何らかの展示をしたりしているので、ストウでの体験に小さな花を添えることができる。建物の内部にも席があるので、雨の日や寒い日でも安心して楽しむことができそうだ。

f:id:chinohirose:20180627223742j:plain

 ショートブレッドとお茶とサンドイッチは無難で落ち着く組み合わせ。

 余談だが、このビジターセンターから実際の庭園の入り口に至るまでには、最低でも5分ほどかかる距離を黙々と歩かなければならない。道は羊が草を食む広大な草原に挟まれている。特に散策の帰り道など、ぐったりと疲弊してしまった際は小さな車で出口まで運んでもらうこともできるようだ。お年を召した方々が多く利用しているのを見た。私も、いつかはそのお世話になるのかもしれない。

f:id:chinohirose:20180627223711j:plain

ー ー ー ー ー ー ー ー ー ー

 はじめの方で述べたように、ここは車以外の交通の便がかなり悪い場所にあるので、誰でも気軽に訪れることのできるような場所とはいいがたい。検索したことは無いが、ツアーの一部に組み込まれていることはあるのだろうか?小規模の団体で訪れている方々もいたので、例えばロンドンから観光バス1本で訪れて日帰り旅行をするなどといったプランもありそうだ。

 私は自分で予定を決めることのできないツアーというものが苦手だったが、昔フランスのモン・サン=ミシェルへ行った際のバスツアーには非常にお世話になった。特に車の運転ができないような場合、自力では訪れることの難しい場所へと連れて行ってもらえるのは本当に嬉しいことだ。今後旅行をする際にもぜひ賢く利用していきたい。